ユーザ用ツール

サイト用ツール


aws:s3:website

Amazon S3 Web機能

Amazon S3のWeb機能とは


Web機能を使う

注意:
ルートドメイン(http://example.com)で運用したい場合、DNSサーバーはRoute53を使う必要がある。
サブドメイン(http://test.example.com/)なら、他のDNSサーバーでも大丈夫。

  1. 作成したバケットを選択後「Properties」をクリック
  2. 「Static Website Hosting」をクリック
  3. Endpoint: が、URLなので、確認する。
    test-example.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com
    
  4. 「Enable website hosting」をクリックし、以下を設定
    index Document : index.html   (/でアクセスした時のファイル名)
    Error Document : 404.html 
    
  5. 「Permissions」をクリックし「Add Bucket Policy」で、以下を入力
    「MY-BUCKET」は実際のバケット名に変更変更
    {
      "Version":"2015-03-13",
      "Statement":[{
    	"Sid":"PublicReadForGetBucketObjects",
            "Effect":"Allow",
    	  "Principal": {
                "AWS": "*"
             },
          "Action":["s3:GetObject"],
          "Resource":["arn:aws:s3:::MY-BUCKET/*"
          ]
        }
      ]
    }
    


独自ドメインでWeb機能

  • CNAMEにS3のバケットを登録すれば独自ドメインでアクセする事も可能
  • バケット名をホスト名と一致させる必要がある。
    www.example.comで運用したい場合、バケット名を www.example.com にする
  • 独自ドメインのhttpsはできない。CloudFrontを利用する。
バケット名            CNAME バケット名.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

例
www.example.com     CNAME www.example.com.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com





参考

aws/s3/website.txt · 最終更新: 2019/11/30 17:55 by kurihara

ページ用ツール